人生初車検、うちの車はどうなるの誰か教えて

どこで車検を行うか決めましょう

車検を行う場所は、民間の自動車修理工場、ホームセンター、ガソリンスタンド、車検専門店、ディーラー車検など色々な場所があります。どこを選ぶにしても、技術面では大きな差はないので足を運びやすい場所がいいと思います。車検の時に移動手段である車を渡すことになるので、代行車を借りる事になります。代行者は小型車の場合が多いです。乗りにくいと感じたら、無理しないように運転しましょう。また、車検は1日で済む場合が多いです。

車検はいくら必要なのか

車検の費用は、自動車損害賠償責任保険、自動車重量税、印紙代、法廷点検料、検査手数料で計算すると軽自動車なら5から6万、小型車は6から7万、中型車は7から8万、大型車は8から9万程かかります。店によっては申請代行料、車検基本料、事務手数料などを0円にしている場所もあります。車検の前に整備員の人に車の部品交換が必要と言われることがあります。バッテリー、発煙筒、キーロックの電池などの交換が必要なら車検にかかる費用はさらに増えます。

車検が終わって車が戻って来た

車検は余程悪い箇所がない限りは1日で終わります。車検が終わった時は店から電話で、終わりましたので取りに来てくださいと連絡が来ることが多いです。店に代行車を返し、車を受取り車検終了となります。車検後の車は外部とエンジン部分は清掃してあって綺麗だと思います。運転すると新車に乗っているような感覚になるかもしれません。それに、人生初の車検を無事に終えたことで解放感に包まれているはずです。ドライブにでも行ってみましょう。

車検にかかる費用は、車の状態、大きさ、重量によって違ってきます。自分で検査をする場合、修理込みでお店に依頼する場合など、あらかじめ見積もりを依頼することがおすすめです。